2ch大相撲

大相撲の2chまとめです

貴乃花

貴乃花との確執が原因? 審判部長・阿武松親方が「引きこもり」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/12(月) 06:35:31.23 ID:RU2ZzX/J9
角界を引退してからというもの、政界進出騒動にCM出演、海外講演と話題を振りまき続ける元貴乃花親方(47)。一方、かつての「盟友」はいまやカド番状態に。
審判部長の重責を担う阿武松(おうのまつ)親方(58)が7月場所を休場した背景には、貴乃花との確執があったようで。

角界関係者によれば、

「このところ、阿武松親方の様子がおかしい。周囲もなかなか連絡が取れず、引きこもり状態になっているようだ。やはり、あの件が相当こたえたんじゃないか」

相撲協会で審判部長を務める阿武松親方が、不名誉な注目を浴びたのは今年の5月場所でのことだった。

相撲担当記者が振り返る。

「審判部長は取組の編成に加え、本場所の勝負判定に携わる協会の“表の顔”というべき存在です。にもかかわらず、5月場所での阿武松親方の言動は酷いのひと言。
物議を醸した栃ノ心と朝乃山の一番で協議の末に阿武松親方の判断が優先され、朝乃山の勝ちとなったものの、VTRを見る限り栃ノ心のかかとは土俵外についていない。
これには横審からも“取り直しにすればよかった”とクレームが入りました。その上、阿武松親方は“軍配差し違えで西方力士(栃ノ心)の勝ちと致します”と東西を間違えてアナウンスして混乱を助長してしまった」

他にも言い間違いや要領を得ない説明が相次ぎ、ブーイングに晒された阿武松親方は、体調不良を理由に7月場所を休場している。

後援会関係者によると、

「5月場所の前後から、親方は言葉に詰まり、足元が覚束ない状態でした。女将さんに忠告されて検査を受けたところ、血圧と血糖値が基準値を大きく上回っていた。原因は酒の飲み過ぎです。
親方は酒豪で知られますが、酒量が増えたのはストレスのせいでしょう。審判部長の重責に加えて、貴乃花との確執が尾を引いているんです」

自宅で療養中

2010年、貴乃花は二所ノ関一門を飛び出し、新たなグループを立ち上げた。

彼を支えた親方衆のなかでも、

「阿武松親方はいわば参謀役で、誰よりも貴乃花に心酔していた。しかし、17年に日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が発覚。
翌年の理事選で一門は、ひとまず阿武松親方に候補を一本化したものの、貴乃花も強行出馬に踏み切った。
結果、阿武松親方だけが当選してしまったのです」(先の記者)

その後、元関脇の阿武松親方は、基本的に元横綱しか登用されない審判部長に大抜擢される。
その下に平年寄りとしてつけられたのが貴乃花だった。

先の後援会関係者が続けるには、

「八角理事長は、この屈辱的な人事で、対立関係にあった貴乃花を協会内で孤立させようとしたのでしょう。
実際、貴乃花にしてみれば、二人三脚で頑張ってきた“右腕”に寝返られたと感じたはずです。
阿武松親方は真面目で、礼儀を重んじるタイプ。しかも、貴乃花のことを尊敬していただけに、信頼関係が崩れてしまったことをいまだに気に病んでいるわけです」

女将さんに尋ねると、親方は現在も「自宅で療養中」とのこと。9月場所での復帰も未定だ。
「貴の乱」の余波は、「盟友」を土俵際に追い込んでいた。

「週刊新潮」2019年8月8日号 掲載

新潮社

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00576475-shincho-spo
8/12(月) 5:58配信

続きを読む

貴乃花が社団法人を設立し相撲道場を新設 晴れて協会理事長に就任

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2019/05/19(日) 18:37:52.56 ID:jmHGS4QW0 BE:878978753-PLT(12121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
元横綱・貴乃花 一般社団法人立ち上げ

大相撲の元横綱・貴乃花光司さんが、相撲道を子どもたちや世界に普及させるための一般社団法人を立ち上げた。

貴乃花光司さん「この度は一般社団法人『貴乃花道場』を設立するにあたり、お集まりいただきましてありがとうございます。
私自身もお子さんと触れあう中で、お子さんと触れあう中でお子さんだけでなくて、世界各地へ出来るだけ足を運んで日本の伝統文化を伝えて参りたい」

相撲を通じて健全な青少年を育成し、海外にも相撲を広げたいとしていて、理事長には、ユネスコ事務局長などを務めた松浦晃一郎氏が就任し、
貴乃花さんは理事を務める。

貴乃花光司さん「海外に私が出向いて行って、日本には相撲があったということを認知度を高められればなと」

貴乃花さんは20日からイタリア、7月にはニューヨークで、普及活動に取り組む。一方、政界進出については、「ありません」と明確に否定した。

http://www.news24.jp/nnn/news162131230.html

続きを読む

花田虎上 貴乃花氏が見せた和解のアクションには「うれしいというか…戸惑いかな」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/17(金) 20:47:52.99 ID:++Nb07UE9
タレントの花田虎上(48)が17日、日本テレビ「沸騰ワード10」(金曜後7・00)に出演。弟・貴乃花光司氏(46)との現在の状況について明かした。

この日は花田の自宅でバーベキューのロケ。ゲストとして朝の情報番組「ズームイン!!SUPER」で共演していた羽鳥慎一アナ(48)や西尾由佳理アナ(41)が訪れ、さながら同窓会のような雰囲気となった。

バーベキューの準備を進めていく中、突然、羽鳥アナから「弟さんの家にも行ったことがある」との言葉が。ただ、花田は自分に振られたとは思いもせずキョトンとするばかり。ようやく気が付いたのか「貴乃花ですね」と話を戻した。

羽鳥は貴乃花氏の家へ行ったことがあるそうだが、花田は「僕はない」の返答。それを聞いた羽鳥は兄弟の状況を踏まえ「今、複雑な心境」と吐露していた。

羽鳥はジャーナリスト魂に火が付いたのか「最近、急に雪解け的な雰囲気になってるじゃないですか。あれはどういうこと?」と、より踏み込んだ質問をしてきた。

これは某テレビ番組で貴乃花氏が“絶縁状態にある母や兄と和解する気持ちがあるか?”と問われ「ハイ」と即答したことを振ったもの。そんな流れから家族間に雪解けムードが高まっていると噂されていた。

花田は「分かんない」と答えたが、羽鳥は「どうします?僕は仲良くしてもらいたい」と語ると花田は「ちょっと待ってくれ、と…。僕からすると、ずっと殴られ続けているのに、急に仲良くしようって言われたら…」と説明。
羽鳥の「うれしくないですか?」の切り返しには「うれしいというか…戸惑いかな。考えちゃう」と複雑な心境を明かした。

現状、花田は「俺から行くのもおかしい」と考えている様子。羽鳥はバーベキューに呼べばいいじゃないですか?」と勧めるも「俺は(弟の電話番号を)知らない。
勘弁してください。2人(羽鳥&西尾)いるとシャレにならないから」と、人気フリーアナ2人の攻勢にタジタジだった。

http://news.livedoor.com/article/detail/16475413/
2019年5月17日 20時19分 スポニチアネックス

続きを読む

「一般社団法人貴乃花道場」…元貴乃花親方が相撲道場の法人設立へ 19日に会見

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/05/11(土) 07:56:12.38 ID:aVD81/3i9
2019年5月10日 / 23:41 (共同通信)
https://jp.reuters.com/article/idJP2019051001002442

 昨年10月に日本相撲協会を退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)が10日、所属事務所のホームページで「一般社団法人貴乃花道場」の設立を申請したことを発表した。

 相撲道を通じた青少年の育成や、世界の人々の充実した人生に寄与することなどを目的としている。詳細については19日に花田氏が東京都内で記者会見し発表する。

 元貴乃花親方は、弟子だった元幕内貴ノ岩に対する元横綱日馬富士の傷害事件を巡り、内閣府に提出した告発状(後に取り下げ)が、事実無根の理由に基づいたものと認めるよう協会役員から要請されたなどと主張し退職。社団法人設立の準備を進めていた。

続きを読む

貴乃花、驚異の怪力伝説 「15歳で握力95キロ。リンゴつぶせる」貴闘力が証言

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/21(木) 17:53:57.94 ID:q0LahFRv9
元関脇の貴闘力(51)が21日、日本テレビ系の生番組「情報ライブ ミヤネ屋」で、弟弟子で現在も親交がある元横綱・貴乃花光司氏(46)の怪力伝説を明かした。

貴乃花氏の入門当時を振り返る流れで、司会の宮根誠司(55)に「やっぱり素質みたいなところはあった?」と聞かれた貴闘力は
「いやもう…15歳で握力が95(キロ)あるんですよ」と、少年時代の貴乃花氏の驚くべき怪力を証言。

「リンゴつぶせるんですよ。(まわし取られたら)動けないですね。15歳で95あるんですから」と、
伝説的なプロレスラーの“鳥人”ダニー・ホッジ(86)ばりのアップル・クラッシュが15歳で既にできていたことを明かした。

また、貴乃花氏の兄で元横綱若乃花のタレント・花田虎上(48)についても、「運動神経あり過ぎますからね。(体重)120~130キロで50メートルを6秒ぐらいで走っちゃいますからね。
運動神経の塊ですからね。あんまり稽古しなくても、運動神経が異常に発達していますから」と、超人的な素質を持ち合わせていたことを証言していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16194347/
2019年3月21日 14時44分 デイリースポーツ

続きを読む

【お前が書くのか】貴乃花が『家族の愛』をテーマに絵本を製作

C61103BE-A1B0-4E0C-8AE1-60C63B991D7A
画像引用元
https://twitter.com/tekken_omachi/status/1108408918936420352?s=21 続きを読む

元貴乃花「胃袋をつかまれたい」再婚について語る

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/09(土) 12:01:12.12 ID:e6uCMTQ69
元貴乃花親方の花田光司氏(46)が、昨年10月の日本相撲協会退職、そして同年11月の河野景子(54)さんと離婚後の生活について明かした。

この発言があったのは、3月2日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)でのこと。
「現状はどんな生活?」と問われると、花田氏は友人や支援者と仕事をしているとし、相撲部屋を経営していた経験から東京大学の学院生相手にスポーツビジネスの講義もしていると明かした。

また、休日の過ごし方について、花田氏が「飲んで、寝て、飲んで、寝て」を繰り返していると言うと、MCの久本雅美(60)が「飲む量を知りたい」と質問。
すると、花田氏は「最近、1人になったんで」と苦笑いすると、ずっと家にいると1日で日本酒を一升ぐらい飲んでしまうと明かし、久本らを驚かせた。

さらに、離婚後の家族との関係について、18歳と16歳の娘2人とはメールでやりとりしているが、息子の花田優一(23)とは、たまにしかしないと告白。
再婚の可能性については、料理の上手な女性に胃袋をつかまれたいと願望を語り、相手の年齢について問われると「年下じゃないですかね。前は上の方にお世話になりましたので」と、
8歳上だった恵子さんを匂わせる発言をして、スタジオの笑いを誘っていた。

このあと花田氏は、プライベートの自画撮り動画や、珍しいカラオケを歌っている姿まで公開。
これを見ていた視聴者はツイッター上で
「なんか親方をやめたら、とても人間味あふれるすてきな人だと思った」「ほんっと久々に憑き物がとれたいい笑顔でした」などと、好印象な声が多く寄せられていた。

息子の花田優一の言動や河野景子氏が結婚生活を語ったことがニュースになるなど、
花田光司氏の周辺は今もざわついているが、花田氏自身は新しい一歩をしっかりと踏み出しているようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1723855/
2019.03.09 08:10 日刊大衆

続きを読む

<河野景子さん>5日発売著書に貴乃花氏との23年間告白!「何もかもが限界」

1: Egg ★ 2019/03/05(火) 06:35:44.45 ID:rUGMuR+99
昨年10月、元貴乃花親方の貴乃花光司氏(46)と離婚した元フジテレビアナウンサー河野景子さん(54)が離婚後初の著書「こころの真実 23年のすべて」(世界文化社)を5日発売する。離婚を景子さんから切り出したことや、ストレスで円形脱毛症になったことなど23年間の結婚生活を赤裸々に告白。「何もかもが限界でした」と包み隠さず心情を明かしている。

 世間を騒がせた平成の大横綱と支えてきた妻の離婚劇。双方が多くを語らなかった離婚の経緯について、景子さんは著書の中で「私から切り出した」と明言。「彼が引退届を協会に提出したことが離婚の引き金になったのは確か」と、共に精魂を注いだ貴乃花部屋の消滅を大きな原因として挙げている。

 体の変調も引き金となった。景子さんに衝撃的なことが起こったのは2012年ごろ。前頭部の髪が直径5センチほど抜け、円形脱毛症に。そこで「このまま終わっちゃうの、私の人生」との思いが巡った。離婚への予兆はその頃から生まれ「否応(いやおう)なしに降りかかってくる大きなストレスに、もう耐える自信がなかったのかもしれません。(中略)何もかもが限界でした」と振り返った。「引退届を出さずにすむ状況だったとしても私は別れていたかもしれない」との心の内も吐露している。

 多くの人が知る貴乃花氏の波瀾(はらん)万丈な人生。勝負師としての生きざまや大きなケガ、さらには花田家の騒動など結婚生活は平穏な時間の方が少なかった。景子さんは、ここ数年、ぎっくり腰になっても夫を迎えに行くため「はうようにして運転席に座った」とし、インフルエンザ明けでも「“大丈夫だ。もう熱ないんだろ”と彼に押し切られてフラフラするのをこらえて知人のお祝いに出かけた」とつづっている。一方で、貴乃花氏は師匠としての顔、協会と向き合う「貴乃花光司」の時間が増え、次第に「花田光司」ではなくなっていったという。

 弱音を吐けない妻と、家族としての顔を見せなくなっていった夫。景子さんが明かした「お互いの中で“いつか離婚するだろう”という思いは生まれていた」。同書に描かれた、積み重なる夫婦のすれ違いによる離婚劇の内幕は、世間で大きな反響を呼びそうだ。

 出版にあたり景子さんは「これまでの23年間のいろんな出来事に対して、私が抱いた“私の心の中にある真実”を書きました」とコメント。出版関係者によると「元旦那さまにも読んでいただきたい」と希望しているという。

 ◆河野 景子(こうの・けいこ)1964年(昭39)11月12日生まれ、宮崎市出身の54歳。上智大外国語学部フランス語学科卒業後、88年にフジテレビにアナウンサーとして入社。94年に退社してフリーに。95年に貴乃花と結婚し、1男2女を出産。04年から昨年まで貴乃花部屋の女将を務めた。16年に株式会社ル・クールを設立し「河野景子のことばのアカデミー」を開校。講演、朗読会などでも活動している。

3/5(火) 6:30配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000065-spnannex-ent

写真no title

続きを読む

貴乃花光司、再婚の質問に苦笑い「予定もなければ出会いもない」今は男3人の同居生活

1: ばーど ★ 2019/03/03(日) 14:41:49.86 ID:qPo108vA9
 相撲の元横綱・貴乃花光司(46)が2日、都内で行われた、子どもたちとの相撲イベント「しこあそび」に参加した。

 2月に芸能事務所と業務提携し、名義を貴乃花光司としてから初めて行った今回のイベント。都内の保育園などに通う、およそ400人の子どもたちに「四股の踏み方」や「ぶつかり稽古」などのレクチャーを行った。



 イベントについて、貴乃花は「お子さんが小さいのに、一生懸命四股を踏んでくれるから、うれしくなっちゃいますね」とコメント。「お子さんと接すると心がきれいになるというか、こちらが洗われるという感じがしますね」と笑顔で話した。



 また、昨年10月に元フジテレビアナウンサーの河野景子さんと離婚し、現在は都内にある元貴乃花部屋で、マネージャーと付き人と男3人の同居生活を送っているという貴乃花。



 記者から再婚の可能性について質問が寄せられると、「今のところはないですね。予定もなければ出会いもないです」と回答。「それでもモテるんじゃ?」と重ねて問われると、「とんでもないです……。もう地道に暮らしていきます」と苦笑した。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)
https://abematimes.com/posts/5820607

https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/121508/b9bb5cad7dcbd7c768ca3f080690678c_cd7c2e5d704a638570404f9f5ad75be6.jpg

続きを読む

貴乃花「次の土俵」は永田町? ″政治資金パーティー″に約200人

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/13(水) 08:25:37.88 ID:6Jy9auYJ9
元親方46歳は会費2万円の「応援会」で政界進出のリハーサル?

最近は、散歩のほかに外で四股(しこ)も踏んでいるという元貴乃花親方。日焼けした顔には、生気がみなぎっていた
 まさに百面相。2月2日、名古屋市内のホテル「キャッスルプラザ」に現れた元貴乃花親方(46)のテンションは、異様に高かった。

 この日開かれた「貴乃花応援会」の直前、元親方は急遽囲み取材に応じたのだが、質問が飛ぶたびにコロコロと表情を変え、記者たちを大いに困惑させたのだ。

――スーツ姿が決まっています。政治家としても違和感がないと思いますが。

「(爆笑しながら)違和感だらけですよ」

――新しい女性と出会いは?

「(ニヤリと笑いながら)あるといいですねぇ」

――午前中に(元弟子の)貴ノ岩の断髪式があった。そちらに出席してからでも応援会には間に合ったのでは。

「(ムスッと顔をしかめて無言)」

――貴ノ岩にかける言葉は。

「(目を見開きながら)どんな道を行っても成功を求めてほしい」

 これほど感情を表に出すことは、現役時代はもちろん、親方だったときにもなかったはず。貴乃花はなぜ、これほどまでにハイテンションだったのか。

「『応援会』が大成功だったからでしょう。会場は約200人の参加者で超満員。それどころか、1月18日に募集を締め切ったあともひっきりなしに申し込みが来ていたそうです。
会の最中も相当楽しそうでしたよ。支援者からの励ましのスピーチにウンウンと頷きながら聞き入っていたかと思えば、出席者女性から求められて手にキスしていました」(貴乃花の支援者)

今回の「応援会」の会費は2万円。政治家による政治資金パーティのもっともオーソドックスな値段設定だったこともあり、「貴乃花の政界進出に向けたリハーサルでは」とも噂されていた。
当然、前述の囲み取材でも「政界進出の可能性」を問う質問が浴びせられたが、貴乃花は「100%ない」と断言していた。

だが、貴乃花本人の意思はさておき、永田町サイドは出馬に向け着々と準備を進めているようだ。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が語る。

「今夏の参院選で貴乃花の名前を出す自民党議員は少なからずいます。すでに、接触も始めているでしょう。
元『SPEED』の今井絵理子参議院議員が32万票も取ったのだから、貴乃花ならそれ以上は確実だろう、というのが自民党の目論見。
実際に出馬するとなれば、比例代表になるでしょうから、応援弁士として全国を回ることもできますからね」

さらには、こんな仰天プランもあるという。

「元妻の景子さんには、立憲民主党が接触したという話もあります。立憲はいま、次々と女性候補を打ち出していますからね。女将さんとして講演経験も豊富な景子さんなら、ぴったりではないかというわけです」(同前)

「出ない出ない」と言って蓋を開けてみたら……というのは永田町の常。もしかしたら、貴乃花はすでに、「次の土俵」を政界に定めているかもしれない。

http://news.livedoor.com/article/detail/16012836/
2019年2月13日 7時0分 FRIDAYデジタル

no title

続きを読む
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

当サイトに掲載されている画像等において、 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 迅速に対応いたします 2choozumou3☆gmail.com ☆→@に変換
記事検索
アクセス解析
RSS
  • ライブドアブログ